工務店のメリットとデメリット

工務店のメリット

工務店というと小規模なものをイメージする方もおられるかもしれません。
一般的に工務店というと地元のエリアの狭い環境で地元のために様々な施工工事を請け負うところと思われていますが、近年はそうではありません。
工務店もフランチャイズ化し、特定の施工工事に特化した工務店もあるなど、工事の専門家としての位置づけへと変化しているのが工務店なのです。
そのため工務店に依頼すると、マイホームの建設にも自由な発想を取り入れやすく、自分の注文をマイホームに入れて欲しい等という要望に応えてくれやすいというメリットがあります。
また地元に精通している工務店などは、地元の実情や環境に配慮した施工を進めてくれることもあり、こちらも大きなメリットとなるのです。

デメリットはどんなところに

逆に工務店に起こりうるデメリットとしては施工工期の長期化が挙げられます。
工務店での工事は、様々な環境下から行うものの施工内容の変更や環境の変化などから工期を長引かせなければならないことも生じるのです。
マイホーム建設では工期が伸びればその分かかる費用も上がります。
そのため工期の長期化によって予定していた金額よりも金額が大きくなる可能性も生じることも。
これがコスト面でのデメリットにもつながるおそれもあります。
一般的にはローコストで建てられるといわれている工務店ですが、工期の長期化やマイホーム建設の際に生じた注文内容によって、上乗せされるオプションが増えてしまいます。
オプション分は割高になる傾向があり、これによって価格が上がる可能性は十分にあるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る