納得のいくマイホームとは

マイホームを建てるとなったら

念願のマイホーム建設を計画するとき、様々な問題が浮上します。
まずは土地探し。
もともと土地があるという場合を除いて、多くの方はまずマイホームを建てる場所選びから始まるもの。
もう1つ加えれば土地を持っていても、これから探すにしても土地の中でどの位の広さのマイホームにするのかということも決めなければなりません。
しかも土地や建物の用地は後にかかる固定資産税にも影響します。
また広さの問題でいえば、一般的な住宅購入の際の平均坪数としては2021年頃には延べ床面積が123.8平方メートル、坪数で言うと約37.5坪というのが平均的な住宅購入の数字として挙げられています。
住宅の広さよりも、使いやすくコンパクトなマイホームが好まれる傾向にあるようです。

依頼する業者は数多ある

こうした家探しでは、依頼できる業者は多く存在しています。
コマーシャル等で目にするような大手ハウスメーカーを始め、地元の工務店など、業態もそれぞれ異なる依頼先が数多あることからどこに依頼すればいいのか、そこから悩まなくてはいけません。
決まった場所にマイホームを建てるとしても、地元に根差した工務店を長年愛用しているという場合もあれば、付近に参入してきた大手ハウスメーカーに依頼するという場合もあり、そのどちらにもメリットやデメリットがあるため、よく吟味する必要があります。
マイホームを建てるというのは人生でもそうそう回数の無いこと。
できれば失敗はしたくありません。
そのためには自分が欲しいと願うマイホームとはどんなものなのか、しっかりと確認しておく必要があるのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る